2012/12/24

ハーブソルトの鶏ももパリパリ焼きが美味しすぎる!

IMG_4550.jpg


チキンのパリパリ焼きが超おススメの理由

・絶対失敗しない。焦げ付かない!
・味付けが簡単で分量を間違える心配がない!
・お肉がプリッと柔らかでジューシーに出来る!
・冷めても脂っぽく無くて美味しい!

このレシピは保存版です。マジで。

【材料(2人分でお腹いっぱい)】
 ・鶏モモ肉:2枚(2枚で500グラムあれば満腹間違いなし)
 ・ハーブソルト:小さじ2杯(化学調味料無添加がおススメ)
 ・付け合せのお好きなお野菜

 1.キッチンペーパーで鶏モモ肉の水分をしっかり取る
  (包丁の先で何箇所か皮の部分からプスプス刺しておく)

 2.ハーブソルトを両面にふりかけて30分くらいおく

 3.フライパンに油をひく

 4.鶏モモ肉を皮が下にしてゆっくりおく

 5.弱火で20分焼く
   (皮が下のまま、余分な油はキッチンペーパーで吸い取る)
 
 6.8~9割焼けたら鶏モモ肉を裏っかえす

 7.数分焼いて、火を止めて数分待つ


これだけで、超絶に美味しいチキンの出来上がり。
焦げない、柔らかい、冷めても美味しい。
お肉にストレスをかけない焼き方が良いらしい。
脂分も吸い取るので、冷めてもギトギトしない。

赤ワインとどうぞ。もちろんビールとご飯にもあいます。


IMG_4572.jpg

使用したハーブソルトがダイソーで売っていたもの。
これが、すごい。シンプルだけど、素材のうまみを引き出す感じ。
とげとげしい塩辛さだけじゃない。
大阪の老舗の会社が作ってるものらしい。


IMG_4573.jpg

たぶん、理由は「食塩」でなく「天日塩」だから。
(食塩は科学的に生成したナトリウムの結晶)
あとは「調味料(アミノ酸等)」というお決まりの化学調味料無添加。

気持ちの問題なんだろうけど、純然たる科学的結晶や、
科学的に生成した調味料(うまみ成分)が無いことが
優しい美味しさにつながっているような気がする。

あくまで、気分的なものだろうけど。


IMG_4563.jpg

翌朝は、目玉焼きにハーブソルト。
醤油もいいけど、ハーブソルトも美味しい。

パスタの味付けにも重宝しそうだし。
いいもの発見したぞ。




スポンサーサイト
2012/12/24

手料理おもてなしメニューで相方をねぎらう

IMG_4545.jpg

【豚肉のリエット バター混ぜ つまみに】
 http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/food/trend/20121117-OYT8T00367.htm

クリスマス3連休は23日が私担当で、24日が相方担当。
メニューを内緒にして作る、シークレットパーティーとしました。
もちろん、狭い家なので、結局何作ってるかバレバレ。

前菜はフランスの保存食、お肉のリエットに挑戦。
豚バラブロックがなかったので、安かったスペアリブで代用。

肉質が少々硬めで、ほぐしきれずにコンビーフっぽい仕上がり。
赤ワインには抜群に合いました。
活躍したのが翌日の「お昼ご飯パスタ」と「お弁当チャーハン」。
肉のうまみぎっしりなので、パスタソースやチャーハン具材にピッタリ。

じっくり時間をかけた料理は、何にでも使える。
さすが保存食。えらい。


IMG_4550.jpg

【チキンのパリパリ焼き 弱火で肉ふっくら】
 http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/food/trend/20121215-OYT8T00397.htm

メインはチキン。クリスマスだからね。
シンプルにハーブソルトだけでじっくり焼いたパリパリ焼き。

これが、もうね、すげー美味い。
お肉は弾力あって柔らかだしジューシー。
冷めても美味しい。臭みないし。

弱火でじっくり焼くだけなので、失敗しないし。
このレシピは次回の記事にアップします。おすすめ。
リエットに引き続き、弱火でじっくり作った料理は間違いない。
そしてハーブソルトが超絶に便利で美味しい。


IMG_4551.jpg

【えびのクリームパスタ】
 http://oixi.jp/ochichieko/archive/165

最後はパスタ。冬なのでこっくりクリーム。
ぷりぷりのエビがとても美味しい。

レシピは「おちまさと」さんの嫁さん。元モデルで元タレント。
味噌や鶏ガラスープ素が隠し味で手が込んでて美味しいのだけど、
もう少しシンプルな味付けのほうが素材の味を活かせるかな。

エビのクリームパスタの参考になりました。
次回はトマトクリームしようかな。

越智 千恵子のレシピ-Oixi えびのクリームパスタ by 越智 千恵子


クリスマスなのむちゃせずいろんなレシピを参考にしました。
勉強になるし、発想が増えるし、たまにはレシピ眺めるの大事。
今日24日は相方の担当。楽しみ~!



タニタ食堂(R)のしあわせレシピ DVD+BOOK ~バースデー&クリスマス編~
TCエンタテインメント (2012-11-28)
売り上げランキング: 4,097

2012/02/25

ゆるーい食いしん坊SNS「mill」をおススメするわけ

IMGP3968.jpg
PENTAX K-7/smc PENTAX-M 50mm F1.7

iPhoneの「miil」というアプリがとてもヨイ。

お店や自宅で食べた料理をアップしていくというシンプルなSNSです。
簡単に美味しそうな写真に加工が出来ます。
美味しそうな料理には「いいね!」ならぬ「食べたい!」ってしてあげる。
いろんなお店が知れるし、レシピのイメージも湧いてきます。

ゆるーく、敷居の低い感じが好き。


美味しいものを食べることって、根源的な楽しみなんだなー。

何の料理食べようか、作ろうか考えたり。
レシピを考えたり探したり、お店を探したり口コミ見たり。
作ってたり、メニューで選らんだり、お酒はどれを合わせようかと悩んだり。
食べたり、美味しいねって言ったり。
美味しいお店や料理を口コミしたりSNSでアップしたり友達に話したり。

楽しさイッパイ。

「miil」ってアプリ、おススメです。ぜひ。
2011/11/13

大根おろしとツナの優しいパスタ

写真
iPhone4S

優しいパスタを作ってみました。
いっつもはニンニクをガツンときかせてるんですけど、今回はノーニンニク。

大根おろしとツナのパスタです。
コンソメで優しいお味です。大根おろしでお腹にも優しい。

【材料(2人分)】
 ・パスタ2人分
 ・短め長ネギ1本
 ・ツナ缶1缶
 ・大根6センチくらい(大根おろし)
 ・コンソメ(固形1個分くらい)

【作り方】
 1.パスタはいつも通りお塩タップリで茹でる
 2.フライパンにオリーブオイルを垂らしてネギを軽く炒める
   (ネギは薄い斜め切りでにしておく)
 3.フライパンにツナ缶のオイルとコンソメをいれておく
 4.茹であがったパスタをフライパンに投入して和える
 5.塩コショウを振り掛けて味を調える
 6.お皿にもってツナと大根おろしをトッピング
 7.大根おろしに醤油を垂らして、ガッツリかき混ぜて食べましょう


大根おろしはよく混ぜて食べた方が美味しいですよ。
白ワインとなら合うかもしれないですね。

お家パスタは次の日のお弁当のおかずにならないから、お休みの日限定と楽しみです。
さて、今日は相方と娘っことアウトレットへお買いもの。
オープンした有楽町ルミネとか行きたいんだけどなー。
狭いし人混みで娘っこがいっぱい歩けないから娘っこはツマラン。
ひろーいアウトレットのほうが家族みんなで楽しめるのです。

こうやって、ライフスタイルが変化していくんだね。
ライフスタイルが変われば視野も視点も、価値観も変わっていく。
イイことだということにしておきましょー。
2011/10/20

シンプルペペロンチーノ。

IMGP0816.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

休日のお昼は真剣にシンプルなぺペロンチーノを。
ニンニク多めで、ニンニクとベーコンの炒めをジックリ。
ソースに使う茹で汁の分量も慎重にして乳化も真剣に。

うまーい!

相方がほおばって喜んでる顔が一番です。
2011/09/19

敬老の日はちらし寿司

IMGP0736.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

ちらし寿司とお刺身。あとは冷奴と西友のコロッケ。
入れ歯の祖母ちゃんにが食べられるものを。

もともと江戸っ子には粋な心遣いがあって、
手料理や手土産を簡素にするって文化があったらしい。
相手に気を遣わせない。気遣いの無限ループを作らない。
たぶん、貧乏人の庶民の知恵だと思うんだけどな。
まぁ、祖母ちゃんの話だから怪しいけど。


それにしても酢飯って美味いなぁ。パクパク食べられちゃう。
お刺身をのっけて海鮮ちらしにできちゃう。

今日は、相方が仕事なので晩飯は実家でいただきます。
その分、娘っことイッパイ遊ぶ予定。午前は公園。午後も違う公園だ!


年寄りに感謝の念を。これからの子どもにも感謝の念を。
そんなこと聖人君主じゃないから常にできないけどね。
つーか、超高齢化社会と少子化の現実を両方足突っ込んでるから複雑。


たまには、うちら三十路世代にも感謝してくれよー。
高齢者を抱え、子どもを抱え、頑張っているんじゃぞー。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。