2011/09/28

そのアングルか!?

02050009.jpg


うわ、5年前の俺、そのアングルか。
んー、あなどれん。それもフィルムときたか。

ちなみに、今の相方と初旅行の時に撮った写真だぞ。
そんなドキドキのなか、このアングルか。

正直、見直した。5年前の俺。

スポンサーサイト
2009/08/31

フロイト博物館で思う。。。

スキャン0004
BESSA R2A Voigtlander NOKTON classic 40mmF1.4M.C
Kodak GOLD400

ウィーンのフロイト博物館。フロイトは、ダーウィンやニュートンに次ぐサイエンティストとして、精神分析の権威でした。というより、第一人者みたいな人のようです。私は、相方に、臨床心理士はサイエンスの気持ちを忘れないでくれよー、とよく言っているので、サイエンティストとしてのフロイトだったという事実に感動。

若手の女の子が適応障害でお休み中らしい。
明るく優しいスポーツウーマンだったのに。
食堂で、どうも元気が無いなぁと思っていたら、まさに。

行動の決定権の有無によってストレスに差が出る動物実験がよく知られています。<中略>実験結果では、好きなときに運動できるラットの脳には新しい神経細胞が生まれましたが、運動させられるラットの脳細胞はダメージを受けました。<中略>企業で働く人々を3つの役職階層に分けて「心の健康度」(平均値)を比較すると、「経営職層>管理職層>一般職層」の順で相対的に低くなる結果が見られます。(メンタル・ヘルス研究所調べ)

メンタル・ヘルス研究所 参与
協同ここの研究所 代表
国吉 空
「労経ファイル」2009.9.1


ヒエラルキーな組織、レガシーな組織では、下の人間に往々にして責任も決定権もありません。そのような組織は、やはり若手にメンタルな負荷が多いのです。私も含め、食べるに困らなかった世代は、数十年我慢すればカネが貰えるぞ、なんてそんな魅力的ではありません。自己実現も責任も決断もできないなんて、ただの単純労働です。そんな為に、親に高いカネ払ってもらってまで大学でゼミやサークルに勤しんだわけでもありません。

自分の意見を述べて議論し、最善策を模索し、決断に責任を持ち、行動する。そんな人財を育てないとお客様は喜ばないのに、つまり生き残れないはずなのに、その人財をみすみす潰す組織(とそれを構成するヒト)とは何でしょうかね。。。

印鑑文化とか、役席とか、くそ食らえー♪
2009/08/29

夜のプラハ散歩

スキャン0002

スキャン0005

BESSA R2A Voigtlander NOKTON classic 40mmF1.4M.C
FUJIFILM NATURA1600

夜のプラハを散歩してビア居酒屋へ。
ハムとチーズとお肉のソースがけ。そしてピルスナー。
なぜかどの居酒屋にもパンが自由に取れるように置いてある。
このお店は2匹の猫がトレードマーク。

ドイツの常温地ビールみたいような超個性がないのけど、しっかりしたコクと旨味。飲みやすい。帰国して飲んだ日本の生ビールが水みたいです。ま、アサヒのスーパードライだったからかな。

【世界のビール】
 http://allabout.co.jp/travel/gourmettravel/closeup/CU10090825A/

ちなみに今日は炎天下の中、野球大会の応援と弁当飲み物配り。
意外と楽しんだ。一回戦負けくらいがちょうど良い、かな。
2007/05/19

お仕事/Working

31280018.jpg

BESSA R2A Voigtlander NOKTON classic 40mmF1.4M.C

警官が倒れ、SATが殉職する。まるでテレビや映画のような映像。

人知れず殉職した人間もいるだろう。溺れた人を救おうとして殉職した警官。訓練中に己のミスで墜落し殉職した自衛官。
フツーの仕事だって、店先で強盗に襲われて亡くなった店主もいるだろうし、工事現場で事故に遭った作業員もいる。死ぬだけでなく、たとえば過酷な業務量や人間関係で心と体のバランスを崩してしまい致命的なダメージを負った人だっているだろう。

働いてメシを食っていくことが、なんと難儀なことだろうか。

どうも頭が堅いところがあって、趣味やお勉強の延長や、やりたいことやって働くという片手落ちなスタンスで働くのに違和感があるのです。いまの部署では、結局そのような人達が利益や収支を考えないで個人個人で突き進んで今の有様です(泣)
働くって、どの分野でもどの業種でもほとんど根本は変わらない気がするので。スキルなり技術なり業種なりの違いは、全体の3割くらいじゃないかと。よって、カネやステータスで会社やヒトを選ぶし、興味も無かった業種でもやっていけるし、となるのかな、と。

派遣さんとコミュニケーションとると、ホント頭いいしよく見えてるんですよ。やっぱりイロイロ経験してるし、比較的地位が低かったりするし、外からモノを見ているし。そんな環境だと頭(お勉強でなく、ホントの意味での能力)よくなるんですね。部下や味方には、こーゆー人材ほしいです。正社員なりません?って聞いてるんですけど、興味ナシナシみたいです(笑)

いやー、でも、正社員と派遣のしがらみとかあるんですよね~。特に女の子同士は。めんどくせー。てか、話がずいぶん飛んだな(笑)
2007/03/17

wind velocity/風速計

57520006.jpg

Nikon 35Ti FUJI NATURA1600

来週の金曜日に新卒の学生さん向けの会社説明会があり、事業部の中堅ということで説明してきます。前回は20名定員で前回は6人しか来なかったとか…。そりゃー、今の段階じゃ大企業の説明会とか優先だよな。

先日チラ見したblogにサービスレベルの記事があって、その中で以下のような引用を見ました。


『日本というのは生活における重要度の低いものへのサービスレベルは非常に高いのだが、重要度の高いものへのサービスが比較的遅れている』

ティム・クラーク「日本人が知らない『儲かる国』ニッポン」


要旨としては「まだまだ儲かるサービスありますよ!だから視野広げてみましょーよ!」的なマーケティングな話への肉付けでしたが、、、そういえば、そうだよな、と。
毎年新卒人気企業ランキングに名を連ねるトコは「テレビ局や編集などのマスコミ」、「広告代理店」、「旅行代理店」だったりするんです。「生活における重要度の低いもの」ほど儲かるしカッコいいんですよね。「生活における重要度の高い」分野で人気のある交通関係やインフラ関係は、大企業だから人気があるんであって(安定ってのもあるかな?)、実際、最前線で「生活における重要度の高い」仕事している下請け会社が人気あるわけじゃありません。

学生さん、意外と楽しいし勉強なりますよ。
生活における重要度の高いインフラ的なものを支えるって。
結局、組織で働けば「やりたいこと」なんてできないんだし嫌なこと盛りだくさんです。そんな中、自分のモチベーションをいかに保つか。お客様の笑顔やインフラ支えてるっていう責任だったりが、そのモチベーションの一助になったりします。

つまりは、ステキで魅力的な若い人財がうちの会社に来てくれますように!そのような人間と一緒に働くのは楽しいですしね。私も刺激を受けますし勉強になりますので。
2007/01/23

twilight/夕景夜景

23830023.jpg

BESSA R2A FUJI Velvia100 Voigtlander NOKTON classic 40mmF1.4M.C

夕暮れの江ノ島散歩。月が水面に反射して、入り江を照らします。
キレイ…。この一言。

23830018.jpg

BESSA R2A FUJI Velvia100 Voigtlander NOKTON classic 40mmF1.4M.C

納豆でのダイエット情報がガセネタとのこと。
捏造?テレビなんてそんなもんでしょ。データや根拠なんて、そもそもイイように解釈されるし引用される。民放の下請け孫請けが制作したバラエティー番組なら尚更。捏造だって当たり前。マスコミや民放をそんな似非メディアに育てた国民が、今更データ捏造にブーブー言うなんてオメデタイの一言に尽きますね。

あれは、バラエティー。「めちゃイケ」と同レベルの番組なのです。まさか、、、視聴者の健康のための番組だとは思ってないでしょうが…ねぇ。

ボンクラ大企業の不祥事を「危機管理意識の低さがウンヌン」と書き立てるメディア自体の危機管理意識の低さは誰が書き立てましょうか?メディアの目線も企業の目線も「お客様」や「視聴者」を向いていないわけです。

さーて、やっと納豆を肴に一杯やれる!
飲んだとの納豆ご飯も格別だねー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。