2012/12/08

鈍行列車での鉄旅を織り交ぜてみる。

IMG_2159.jpg

出張でヘトヘトだったので金曜の夜は21時に就寝。
東横インで4,980円。安いっすねー。典型的ビジネスホテル。

翌朝は5時に目が覚めたので、そのまま着替えてチェックアウト。
大阪駅まで20分くらい歩いて、鈍行で岡山まで。
相方と始めて旅した神戸の車窓を楽しむ。

ペアリングを買ったそごうは健在のよう。
姫路で乗換えだったんだけど、姫路は高架駅になってました。
10年前くらいに一人旅したときは地べたの駅だったのにな。

朝ご飯は、姫路駅の駅弁屋で買ったサンドイッチ400円。
岡山についてからは、ホーム上にあるお店でかけうどん。

青ネギと薄いお出汁は、関西圏を感じます。美味し。


IMG_2178.jpg

岡山駅では、ちょっと面白い連結の編成がありました。
特急なのかな。けっこう昔の特急タイプみたいだけど。
なじみのあるJR東日本エリアじゃないので、
ちょっとした見慣れない光景にウキウキします。


IMG_2177.jpg

岡山からは快速で瀬戸大橋を渡って坂出駅で乗り換え。
ちょうど接続よく、琴平駅行きが待っていました。

鉄道好きなサークル仲間が同乗していて、とても微笑ましい。
ヲタきもいっ、なんて言う了見の狭い人間にはなりませんよ、わたしゃ。
「まつもとぉ~、まつもとぉ~」とか
「べっぷ~、べっぷ~」とか、到着駅でのアナウンスの
イントネーションを議論していました、彼らは。
女の子も一人いました。いいですね、趣味の仲間って。

琴平駅は静かな駅です。まさに旅の駅という風情。


IMG_2185.jpg

帰りは、入線していた車に乗り込む。
このガランとした風景の中、発車を待つ時間。
鈍行鉄道旅の楽しみです。思い出すわ、18きっぷで旅してた頃。

駅に近づくと鳴り響く、
ATSのジリリリリリ チカ、チカ、チカ、チカという音。
懐かしいなー。これに気動車のエンジン音があれば最高。
残念ながら、今回は電化区間でした。


IMG_2193.jpg

帰りの岡山駅新幹線ホームでは憧れの500系が。
こだま運用が終わって回送でした。まだ乗ったことないんですよね。
もうすぐ、こだまでの運用も終わっちゃうんだろうな。

やっぱ、旅だな。





スポンサーサイト
2012/12/06

最後の紅葉と金毘羅様を拝む。しんみり一人旅を楽しんだ。

IMG_2166.jpg

超ハードな大阪出張を木曜日金曜日に終えて、
岡山の友人のお宅へ訪問。その過程で、ちょっと寄り道を。

瀬戸大橋を渡って金毘羅様をお参りへ。しんみり一人旅。

階段が続く参道から眺める、最後の紅葉は美しい限り。
1人で無心に黙々と階段を登って、ふと眺める光景は美しいです。

女子旅や、家族連れなど、みんな笑顔で黙々と登る参道。
素敵な神様ですね、金毘羅様。

相棒の一眼レフが無いのが残念だけど、
どっこいiPhone4Sもなかなかの写り。


IMG_2170.jpg

参道にはお布施を納めた会社さんや個人の石碑(?)があるんですが、
瀬戸内近くの土地柄なのでしょうか、海運会社や造船会社が多かった。
そんなことを感じる余裕があるのも一人旅ならでは。

本宮までたどり着いて、讃岐平野を眺める。
そして、家族が平穏であることを感謝して2礼2拍手1礼。
もちろん、引き続いての平穏を祈りました。
歳とって、家族増えるとね、願いがシンプルになるんですよ。
俗っぽくなくなるというか、平凡になるというか。


IMG_2195.jpg

本宮では、結婚式。白無垢に袴姿の新郎新婦さんが。
おめでとうございますと頭を深々と下げました。
神社で和装姿は、やっぱり美しいですね。映えます。

お幸せに。


IMG_2173.jpg

帰りは意外とサクサクと下ることができました。
たいしたお土産屋もないので、昼飯を食べようかな。

参道入り口にある「中野うどん学校」にしました。
観光客相手のお店に、観光客が入るという正統的観光地ランチ。

かけうどん小にちくわ天。450円。十分。
柑橘を絞ると、後味すっきり。これは発見。


IMG_2201.jpg

ちなみに、金毘羅様の本宮ではお守りを買いました。
黄色が大好きな娘っこに、黄色いお守り。
私と相方には、青と赤のお守りをそれぞれ。

頑張って階段を登り切ったので、このお守りはご利益ありますとも。

やっぱり一人旅はいいもんです。
2012/09/23

島の朝焼けを眺めて帰途につく最終日

IMGP4469.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

座間味島の最終日、朝、5時過ぎの目が覚めた。
せっかくだから写真でも撮ろう。
iPhoneからネットで日の出時刻を調べてから散歩へ。

朝陽が昇る前が美しいんだよね。

小さな漁港で空が明るくなるのを待つ。
それにしても海は凪ぎ。静か。

こーゆー写真を撮ってると、もう少しシャープでカリっとした
単焦点レンズが欲しいなって久しぶりに物欲が。


IMGP4481.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

お宿の屋根にはシーサーが。
今日も快晴、日差しが強いぞ。

3泊なんてあっという間。
行きと帰りの飛行機の時間に余裕をもったのもあるかも。
子どもがいない頃はめいっぱい滞在したいから、
朝イチ便で行って帰りは深夜便って感じでした。
今回はお昼すぎの便で行って、お昼すぎの便で帰ってくる。
日中帯のまる一日くらい少ないんですよね、滞在時間が。

それにしても、むちゃくちゃ楽しんだ。

ちょっと疲れたから温泉に癒しに~って旅もいいけど、
やっぱココ行きたい!行くぞ!って旅の方が向いているかも。
やっぱり沖縄行きたい!島行きたい!潜りたい!って。


IMGP4490.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

座間味島から那覇に帰ってきて、国際通り周辺でお土産を物色。
オシャレな雑貨屋テイストのお店も増えてきたので楽しいです。

お土産代は相方と私で6,000円以上も。。。
職場(相方は複数職場があったりする)や実家や。
日本人の「職場へのお土産文化」って何とかならんのかなぁ。

ちなみに、まだまだアジアンテイストな通りとお店が国際通り近辺にも。
台湾のチーシャンや台南を思い出す光景。
これだから、沖縄の旅は止められません。また行くぞ。


アジア帰りに沖縄ふらり
下川 裕治
双葉社
売り上げランキング: 700405


2012/09/22

ビーチと夕陽と二重星アルビレオ@座間味

IMGP4424_20120922064636.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

集落をのんびり散歩でも良かったんだけど、
やっぱり海に入りたいなーってワガママを通して古座間味ビーチへ。

ここも透明度がすごく高い。
遠浅でなく、すぐにストンと深くなってサンゴ礁があるので、
目の前が水族館って感じでした。魚の種類も多かった。
サンゴやイソギンチャクや、泳ぐ魚や、ほんとキレイ。

バナナボートみたいな、ザ・ビーチ的なものがあって
私的には興ざめな感じもあったけど、そこがビーチらしいという意見も。
そこまでギラギラとしていないので許容範囲。


IMGP4441.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

夕方は、宿のオジサンに連れられて夕日ツアー。
島々に沈む夕日は美しいの一言。
地平線に半分沈む半円の太陽なんて、なかなか見れないですよね。

娘っこも一緒に眺めているので、
キレイや美しいって感覚は少しはあるのかな。


IMGP4445.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

夜ご飯は中心地をプラプラしながらお店探し。
もう、ユウタクがいたるところで始まってます。

やっぱりお昼に行った「まるみ屋」という食事処へ。
常連ダイバーさんや、若いダイバーさんや、ファミリーがいっぱい。
広い畳の部屋で、オリオンビールと泡盛を楽しみました。

ほんとに美味しいからおススメ。
内地出身のダイバーが開きました的なタコライス売ってますー
のようなお店行くんだったら、地元民もいるお店へ行ってみよう。


IMGP4457.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

ご飯が終われば、小さなスーパー(グローサリー的なお店)で
翌朝のご飯を調達。納豆やチンするご飯やパンやカップみそ汁を。

そのあと、ほろ酔いで宿へというところで、宿の奥さんが
クルマで星空ツアーに連れて行ってくれました。

展望台の真っ暗なところで眺める星空は、もう満天の星空!
天の川ばっちり。星座とかわかんなくなるくらい星ばかり。
今まで一番か二番くらいの美しい星空でした。
夏の22時前にあの星空はすごい。

私と相方が勝手に二人のシンボルにしている二重星アルビレオも確認。
いつかは望遠鏡でまた見てみたい星です。

この二つの星の組は、色が異なるため、天球上で、もっともコントラストの鮮やかな二重星である(その美しさのため「北天の宝石」とも呼ばれ、宮沢賢治は「銀河鉄道の夜」でこの二つの星を、輪になって回るサファイアとトパーズになぞらえている)。
この二重星はかつては、ただ光学的に見かけ上の二重星であって、真の連星系ではないと考えられていた。しかし、ヒッパルコス衛星の観測により、遠く離れているにもかかわらず、共通重心をもつ連星系であるということが明らかになった。 二つの恒星は約10万年の周期で公転しており、約6千億km(太陽系の大きさの約55倍に相当)以上離れている by wikipedia


【アルビレオの写真はこちら】
 http://yumis.net/space/star/k_image/st-alub1.htm

もう明日には東京に帰ります。
最終日は美しい朝焼けと那覇を再び散歩。



2012/09/19

座間味島の癒しの古民家民宿「久志」に泊まる

IMGP4420.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

座間味島の中心地でお昼ご飯を食べて、いざ今日のお宿へ。
お宿は「久志」という古民家の民宿。中心地とは違った集落です。

宿に電話してお迎えにきてもらいます。
(ソフトバンクがつながる!阿嘉島の集落はつながらない…)

道路から入ると緑のトンネルがあって、民家が点在しています。
探検のし甲斐がありそうですね。


IMGP4418.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

お宿はこんな感じ。昔ながらの民家そのもの。部屋は2部屋。
たぶん4DK~5DKくらいの広さで、そのうち2部屋が宿泊エリア。
ほとんど寝るだけなので、困らないと言えば困らない。
思ったより風通しが悪く蚊が多いことはご愛嬌。(冷房あります)

今回は、いかにも沖縄って古民家に泊まってみたい!
ってコンセプトだったので。でも前日の古民家居酒屋で雰囲気味わったから、
ちょっと感動が少なかったのもあるかも。

素泊まりなので、夕食は中心地まで送迎で。
朝食は中心地のスーパーで調達する。
カップラーメンとかパンとかレンジでチンするご飯とか納豆とか。

あとは、ビーチなどへは送迎してくれます。
うちらも古座間味ビーチまで送迎をしてもらいました。
他のお客さんとの兼ね合いもありそうです。


IMGP4430.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

お宿の周りには、こんな民家もあったりして。
とても雰囲気はあります。やっぱ、このお宿ならでは。

夕日ツアーと天の川ツアー(あとは夕食やビーチへの送迎)もあったので、
1泊素泊まり夫婦+幼児で8,000円は妥当かなと思いました。
せっかくの島旅。こんなお宿に泊まるのも楽しいです。
子どもとの旅は、こんな宿が素敵です。

宿に荷物を置いて、古座間味ビーチと夕日と夕食です。


【癒しの宿 久志】
 http://www.zamami-kushi.com/

【癒しの宿 久志口コミ】
 http://www.kerama.in/view-zamami-zamamikushi.html

【久志の情報】
 http://nk218.blog33.fc2.com/blog-entry-240.html



2012/09/17

座間味島に渡って「まるみ屋」でお腹を満たす

IMGP4393.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

翌日も朝食後にシュノーケリング。朝は人がいなくて静か。
海水も前日よりヒンヤリしています。ホントにキレイだな。

そのあと、阿嘉島とゲルマ島を結ぶ大橋へサイクリング。
慶良間諸島はいくつかの島々が寄り合っているので、
まるで多島海のようです。瀬戸内海に似ています。
絶海の孤島というより、緑に囲まれた感じが美しい。
たぶん日本人受けする島嶼だと思います。


IMGP4401.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

座間味島に渡る船は村営の小型船。
海面に近くて気持ち良いクルージングを10分ほど。

他にも那覇から阿嘉島に来て座間味島に行く大型フェリーでも
座間味島に行けたのですが、ここは小型の渡しフェリーが粋です。
ちなみに、相方は大型フェリー、私は小型船の時刻をチェックしていて、
途中、まったくかみ合わずに一触即発な状態に。。。
言葉は省略しないほうがいいですね。。。5~6年一緒でのこのありさま。


IMGP4416.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

座間味島へ上陸!
さすがに阿嘉島に比べ、開けていますね。
お巡りさんも常駐しているようです。

今ではダイビングやホエールウォッチングのメッカですが、
昔は鰹漁の発祥地です。鰹節も作っていたとか。

雰囲気は竹富島に似ているかな。


IMGP4415.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

お昼ご飯は沖縄そばのお店に行こうとしたんですが、
残念ながら定休日でした。まだオンシーズンなのにっ。

第二候補はレストランまるみ屋。畳のスペースがあって子連れにグッド。
このお店が、すごく美味しくて夜もリピートしちゃいました。
地元の人もいるので安心。

ソーキそばは、しかっり骨の着いたソーキ。
とても美味しい。ちぢれ麺が食べやすく、うちの娘っこもパクパク。


【レストランまるみ屋(食べログ)】
 http://tabelog.com/okinawa/A4706/A470602/47001532/

【レストランまるみ屋の情報】
 http://xn--n8j7a5a2i8joklc.com/blog/?p=6860


さて、お腹を満たして、古民家民宿にチェックインします。


沖縄の離島45 島のめぐみの食べある記 (ORANGE PAGE BOOKS)
伊藤 麻由子
オレンジページ
売り上げランキング: 129344


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。