2009/05/31

手にとるように金融用語がわかる本―明日の経済・産業を知る近道!


手にとるように金融用語がわかる本―明日の経済・産業を知る近道!
オフィステクスト 三菱UFJリサーチ&コンサルティング銀行コンサルティング室
かんき出版
売り上げランキング: 100675


金融って?投資って?個人向け国債って?FXって?
どうやってオカネって動いて、あわよくば儲かるの?


嫁さんが研修なので今日は家事とお勉強。
失意のFP3級実技落第から数週間で今度は銀検の試験です。
これも落ちますね。でも一応勉強はしないと。

ここ10年でこの国の国民は加速度的に金融への知識を求められています。
法的には規制緩和がドッと行われ、年金や保険、資産運用などなど、自己責任に拍車がかかりました。年金や福祉を例にすれば、多額の税金を払って国家に運営してもらうか、それとも、自分でやってくか。政治家と役人の体たらくさを見れば、後者に傾く心理も分かります。

が、知識が無くては何も始まりません。
ネットで小遣いを稼ぐとか、FXで小金を稼ぐ、という以前に「金融とは経済とは」というところが抜け落ちている昨今なので、ぜひこの本をおススメします。サブプラ問題はまだ記述されていませんが、それでも一冊で十分の充実っぷりです。

金融機関の人間はオペレーションしかしません。
富裕層(資産1億以上)以外にはコンサルもプランニングもしません。
やっぱりみんな自分で知識つけるしかないのです。僕らは。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。