2010/03/29

ゆうちょ銀行限度額引き上げで金融システム崩壊!?

R0012759.jpg

私は頭が悪いから、メリットが分からん。
ゆうちょ銀行の預金限度額の引き上げが。

そもそも、金融システムとは、お金を預かる。
そして、必要としているところへそのお金を融資する。
その仲介役が金融機関。間接金融ですね。
お金は必要なところへ動かないと血液が止まったと同じで国家なり地域なり会社が死んじゃいます。

メガ企業なら、メガバンクから融資受けられるし、社債や株式で調達できます。これ、直接金融。が、しかし、地域の中小零細企業はそうもいきません。だから、地域金融機関がインフラ的存在で地域の皆様からお金を預かって、必要な皆様に融資してるのです。

ゆうちょ銀行は融資業務してません。
融資業務解禁も検討されていますが、与信業務は意外とハードルが高い。よって、新銀行東京みたいな頓挫もありえます。

つまりは!
地域金融機関の預金が、限度額引き上げでゆうちょ銀に流れると、お金がそこに滞留して地域金融システムが崩壊するのです。地方の中小企業のオジサンやオバサンが「田舎は郵便局しかないから、利便性上がるよねー」なんて言ってるのは、雇ってくれている会社に銃を向けているようなもんです。預金しか考えてないのは、日本が市場経済において頭悪いですと言っているようなもの。

良い悪いは別にして、市場経済で資本主義。
お金は必要としている人たちに渡らないといけないんです。

金融円滑化とか言いながら、ゆうちょ銀行の預金限度額引き上げ。
頭の悪い私には、まったく意図がわかりません。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。