--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/29

若者はなぜ3年で辞めるのか?

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸 (2006/09/15)
光文社

この商品の詳細を見る


私は不景気世代なんですよね。特に大企業に入りたいとは思いませんでしたが、今思えば「長いものに巻かれ」るように大企業に入っていればよかったな、と思います。超氷河期でしたから入れたか分かりませんが。

この本の内容は、我々の世代は分かりつつ就職活動してましたね。
不毛というか、バカバカしいというか、そんな感じで面接してました。
どう考えても、うちらの世代よりボンクラじゃんって人材ばかり目に付きましたから、就職活動中も。働いてみれば、それはもう、イイ大人がここまで低レベルなのかと呆れました。利益を求める合理組織である株式会社か、ここが?ってな感じで。

そりゃ3年で辞めますよ。
誰がデキの悪い年増(としま)の尻拭いしたくて汗水垂らすのか。
2007年問題?そんなの団塊世代が団塊世代のために用意した美辞麗句。
技や経験を引き継ぐスキルも磨かず努力もせず目の前の仕事ばかりこなしていたツケです。残された若者にとってはイイ迷惑です。もちろん、それでも団塊世代はまだマシで、30代半ば過ぎから40代初頭くらいがもうヒドイくらいボンクラ…。バブルの負の遺産は組織に巣食ってますよ。
体育会系思考で営業屋だったりすると、もう最悪。キミは義務教育から超高等教育の大学を卒業した人間様ですか?って小1時間問いたくなります。

あー、久しぶりに毒吐いたー(笑)
半分グチなんで許してください m(_ _)m

コメント

非公開コメント

そういうことか!

>madcapさま

こんばんは!
そういう考え方もありますね!たしかに、人材がいない分、若いときから思いっきり仕事をしていた環境でもありますもんね!羨ましい限りです。

やっぱりヌクヌクは後々自分のためになりませんよ。
私はそう思います。

勉強になりましたー!モノゴトを多角的に見れてうれしいです。

わたくし実はモロにバブル入社(平成元年入社)世代なのですが、
バブルの頃は人が足りない分、
大事な仕事でも思い切って若いやつを使ってくれてたんだなぁと思います。
今でも私は新人時代に鍛えられたもの(技術も仕事に対するメンタルな部分も含めて)でゴハン食べてますもんね。
あのころぬくぬくしてる同期がうらやましかったけど、
今となっては自分の財産だなぁと思いますよ。

バブル

「バブル」。甘美な響きですね~。
大企業はコンスタントにイイ人材が入ってきますが、中小零細企業は不景気こそイイ人材が入ってくるんですよね。皮肉にも。

でも、人それぞれですよね!

逆に、バブルはじける前に就職できたら人生変わっていたかも?とは思います。短大に行っていたら最後のバブル就職組だったのにぃ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。