--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/19

ホイアン名物 カオラウとホワイトローズ

ホイアン

やって来ました、ホイアン。ヴェトナム中部の街です。
飛行機乗り継いで、バスに揺られて。
町の一部が世界遺産に登録されており、観光客は白人連中が多いです。
かつての日本人街があり、鎖国の後は華僑が住んでいた土地柄です。

日本人って、結構昔も少し昔も交易やら戦争やらでここまでフツーに来てたんだなぁと思うと、観光でしか海外に行ったことのない私なんてちっちぇーちっちぇー。

ここは良い街です。日本人がほとんどいないですので余暇気分満喫。
静かでこじんまりとしているので、治安も良さそうです。

Faifoo

観光客相手の「Faifoo(ファイフォー)」というお店で一休み。
最初なのでいきなり探検出来ませんしね~。
二階から街並み眺めつつ、ベトナムビアーで一杯ですよ。さいこー。

ホワイトローズ

これは、ホワイトローズというホイアン名物。
ワンタンの皮にエビのすり身を巻いたヤツ?日本人に合いますね。
特段うまいわけじゃないけど。たぶん、20,000dVN(二万ドン)弱。1万ドンが約75円ね。

ホワイトローズ
米粉で作った薄めの皮にエビのすり身を包んで蒸した料理。皮の形がちょうど白いバラのように見えることからこのような名前がついている。見た目や味は香港の飲茶などでよく出てくるエビ餃子に近い。カリッと揚げたニンニクがトッピングされて出てくるが、好みによってこれにさらにニョクマムやトウガラシなどで作ったタレをかけて食べる。その名も「ホワイトローズ」という製造卸元でホイアン中のホワイトローズを一手に引き受けて製造しているので、街中のどの食堂で食べても基本的に味はどこも変わらない。



カオラウ

んでもって、これがカオラウ。ホイアン名物。油ソバみたいなもん。10,000dVN。
軽く飲んで食べて5万ドン(380円くらい)、まだまだいけるなぁって感じで探検開始!
地元連中が入っているウマイ店にいくぜー。と意気揚々二軒目物色へ。

カオラウ (Cao lầu)
甘辛く味付けをした少なめのスープの上に、米から作った太めの麺や香草類、チャーシュー、油で揚げて短く切ったスナック状の麺などがのって出されてくる。これらの具をよくかき混ぜ、スープにからめながら食べる。甘辛いスープと香草類のややクセのある味、それに淡白な麺などの風味が混ざってとてもおいしい。値段も8000ドン程度とそれほど高くない。一杯の分量がそれほど多くないので、右の画像のように揚げ春巻きなどのサイドメニューを取るとよい。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。