--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/14

投薬第二弾:秒速5センチメートル

秒速5センチメートル 通常版秒速5センチメートル 通常版
(2007/07/19)
水橋研二、近藤好美 他

商品詳細を見る

鉄コン筋クリートを借りてもヲタとは言われないけど、これを借りると「おまえ、ヲタ?」って言われるのも致し方ない、、、かも。秒速5センチメートルという短編アニメ。

この新海誠って監督の情景描写は非常に美しいのです。石原慎太郎都知事も絶賛したほど。
あとは私の好みなんですよ、この短編アニメの素材が。
「ローカル線(て言っても両毛線だけどね)」、「駅」、「時刻表」、「NASDA」、「ロケット」、「星」、「海」、「桜」などなど、何気ない情景を美しく表現するので爽やかな見心地です。あとは、結局離れてしまった…みたいなセンチメンタルな。あ、これ以上言うと相方に怒られるな(笑)

なんていうんでしょう、情景描写で意図を伝える作品が好きなんです。マンガもアニメも映画も。写真を撮るのが好きで、だからモノゴトをそーゆー視点で見るんでしょう。なんか10年くらい前から心理描写って流行って感じがしますし。心理描写を読み解くのが楽しいとか、そもそも心理描写がある作品はレベルが高いみたいな風潮が嫌い。

人間は五感で感じるのです。その五感からの情報=情景なのです。
いきなり心を描写(絵とか哲学みたいな心理っぽいツール使ったり)するんてカップラーメンです。だから気軽に楽しめる。でも、せっかく観るんなら情景を表現し最終的に鑑賞者の心に投影するような作品が好きなのです。

相方里帰り中に二つ投薬して、気晴らしになりました。
今日は相方も里帰りから戻ってきて、料理作ってくれてますし♪
一杯やりますか~。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。