--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/10

stay at a hotel/旅宿

collage.jpg

RICOH Caplio GX+DW-4 [Picasa2 collage tool]

学生のときはもっぱら公営の宿(国民宿舎とか村営のとか)や安いビジネスホテルで旅していました。「公営の宿3000」みたいなガイドブックと時刻表買って、温泉のある公共の宿を探してプランニングする時間は趣味の時間。結局、要はお金との戦いですね。一泊二食7,000円弱くらいで。そんな公営の宿を探して泊まる人たちなんてオジサンオバサンかライダーか土建屋くらいなもんで、もちろん施設もよろしくなく、二十歳前のカップルがいけば浮いてたもんでした(笑)

なので、あんまり「旅館」には縁がなかったのです。あ、もちろん、ハコモノ大収容温泉宿には興味ナシ。今回、郡上八幡でこじんまりとした日本旅館に宿泊したのですが、お部屋が風情があってヨイですねー。
公共の宿にもよくあるのですが、奥の窓際の小さなテーブルとゆったりとした椅子が二つあるスペースが好きなんですよ。畳で、大きなテーブルがある部屋と襖か障子で仕切ることができるとこ。風呂上りにあそこで缶ビールをグラスに注いでもらって一杯やる。グラスがない宿は湯のみ茶碗で。最高です。ツマミはコンビーフがベスト。


R0012663.jpg

RICOH Caplio GX+DW-4

バストイレ無しは、私の基準では当たり前。浴衣着て、寒い寒いとブツブツ言いながら部屋の外のトイレに行くのも旅してる感があってよいんです。湧水を沸かしたお湯は柔らかかったし、食事も手が込んでたし、お酒も安かったし、お風呂も貸切り出来たし、期待してなかっただけに(←失礼…)大満足なお宿でした。平日のこういう旅館はいいですな。

〒501-4213 岐阜県郡上市八幡町殿町160
郡上八幡の宿 吉田屋
http://www.yoshidayaryokan.com/menu.htm

コメント

非公開コメント

手酌派です!

>azamiさん

いやいや、いつもは手酌ですよ(笑)
あくまで理想です・・・。

そんなにお出かけしてないですよ!
この写真はこの前のであります。

手酌

>グラスに注いでもらって…

手酌じゃないところに余裕すら感じます。
ってか、ここんところお出かけばかりしているようで、羨ましい限りです(笑)
いいな~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。