--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/04

教育(共育)論-新人の育て方とチームの進歩

R0010740.jpg


教育、ちょっとおこがましいので共育としときましょうか。
(文中ではメンドイので教育ってしますけど)

私が新人や新規配属者の教育担当になった時、必ず言う言葉があります。
ちょうど、今、教育を担当しているもので。社会人になって何度目かなぁ。

・何度も聞いてOK。でもメモはとれよ。でも同じことでも何度も聞いてね。
・気づいたとこオカシイと思ったことは言ってね。メモっといてね。それが改善に繋がる。
 (そして実は、教育している私の新しい知識にもなっちゃうんです)

よく、一度聞いたとことは二度聞くなっ。とか、この前教えたよね?なんて言う類人猿レベルの先輩がいますが、人間の脳みそは反復で定着していくのです。だから、なんども聞いて覚えていく。そもそも、その仕事や業務がそいつの性格に合っているのかも分からないし、自分の興味や好きな趣味とかじゃなくてめんどくさいシゴトっすよ、あくまで。一回で覚えられたら東大卒で天上界にいますって。だから同じことでも何度でも聞いてヨシ。何度でも答える。

あと、新人や他から来た人は目の前の業務や文化に対してまっさらなので、気付きもいっぱいあるんです。それが、改善や進歩に繋がるのです。だからいっぱい言わせる。最低でも気付いたことおかしい所と思ったところをメモさせる。類人猿レベルの先輩は、新人はとりあえず業務覚えてからだっ、とか、仕事も覚えてねーのにっ、郷に入れば郷に従う、なんて言う人がいますが、自分の所属する組織や、はては日本を滅ぼす害虫です。

そもそも、新人や新任者が仕事が覚えられない、思ったように成長しないのは教育担当者の責任ですしチームの責任です。分かりやすく説明するスキルが無い、すぐに頭に入る資料やマニュアルなどドキュメント作るスキルが無いということになります。これはビジネススキルの基本が無いことと一緒。

いまだ日本のカイシャ人は精神論者多いですが、それで60年前戦争に負けたでしょ?
人がいっぱい死んだでしょ?合理的に物事考える人を育てないと。
利益を上げるには、物事を進歩させるには合理的な要素が必要なんですよ。

類人猿先輩・上司や類人猿教育担当者がいたら心の中で思いましょう。
「ばーか、おまえの能力が無いんだよ!給料ドロボーが生きてけるなんてヌルイ会社ね」と。

コメント

非公開コメント

>アリモっさま

確かにカイシャがすることではないですよね。
いま、自分がまっさらな若手と接することが出来る機会は仕事上でしかないので、こう書きましたが、確かに社会のお役目です!

積極的に仕事をしない人間は私も要らないと思いますし切ります。だから、新人には積極的に仕事することを知らない人間になって欲しくないなぁと思います。

鎖国、、、妙案ですなww

うーん

理想論だと思う。本来はそれは社会がするべきことであって夢や自分の将来を考えて動ける人間を育むことは会社がすることではない。

現実のビジネスでは自分から積極的に仕事をしようとする人間以外は要らないかな。競争相手は日本だけではない訳だし。

それをやらせてくれる、今の会社は良い会社なのだと思うよ。自分のために生きるのが精一杯の俺には出来ないけど、日本経済の基盤を支えるとそれは大切なことだと思う。

鎖国したらどれだけ楽なコトか...。ふー。
頑張れ!!

>はち嬢

そ、実家のまわりをうろついてるんだよ。
ちょっと野生を感じるよね。

良いか悪いかは分からないけど、信念と意思を持って育てますよ!最後は人ですからね。もちろん精神論者より合理的に育てたいですし、高等教育受けた大卒なんで一応。

写真のネコ・・すごいね(笑)v-48
「the 野良ネコ」ってな感じ。
一匹オオカミ(猫だけど。笑)

なかなかいい先輩してんじゃん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。