--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/07

アテネでゼネスト遭遇...旅の醍醐味

R0011008.jpg

さて、拙い英語力と行動力を駆使してデジカメを回収した私たち。
なんかもう過去形とか小ざかしい熟語とか、不要ですよコミュニケーションに。

翌朝は、メインのイドラ島。おったのしみー。
高速フェリーは既にデジカメ紛失前段階で現地旅行代理店でおさえておいたので、あとは地下鉄で30分の港町ピレウスからフェリーの旅だったのですが...。地下鉄の駅行ったらシャッター閉まってやんの。朝の8時だっちゅのに。張り紙も駅員もなんにも無し。

ホテルに帰ってフロントに聞いてみると。なんと、ストライキらしい!
地下鉄も国鉄もバスもトローリーバスも全部!
悪名高き千葉国労でさえ間引き運転なのに、そんな生易しいもんじゃなく、全止め。
ヨーロッパ人はどんだけ働きたくないんだと感動。ほんと「生きる」に正直。
とりあえずフェリーは動いているかもって言うんでタクシー呼んでもらって(ストなんでタクシー捕まりにくい)港町ピレウスまで超高速。到着してチップ弾んでやってゲートに行ってみりゃフェリーが全部停泊しているじゃありませんか。そう、フェリーも全部終日運行停止。

いやー、そこまでやるんだねー。コーカソイドは。
泳いで行くしかねーよ、ジャポネーゼ。なんて手持ち無沙汰な船員に言われて。

とりあえず払い戻ししてくれた公務員ん的窓口の台をおもいっきしぶっ叩いて。
今回申し込んでホテルまで送迎してくれた現地案内係に電話して猛八つ当たりして。
昨日の今日なんだからゼネスト予定の情報くらい言えよ馬鹿野郎、と。

結局は、イドラ島のホテルに電話して翌日にずらしてもらい、ピレウスの現地旅行代理店で再度フェリーを予約し直してって感じで旅の醍醐味を味わいました。これでまた脳みそ力と英語力アップ。

ちなみに写真はストするぞ!のポスター。まったく要求はなんなんだろね。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。