--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/06

ロストジェネレーションの密かな思い

R0011262.jpg

ロストジェネレーション。ちょうどうちらの世代です。

好景気なんて知りません。カイシャなんて信用してません。
金利?コンマ何%しか知りません。ベア?何でしょうそれ。
最近まで中小企業にいたので平成景気拡大も知りません。
一度下がった給料体系が上がらないように、一度下がった単価は上がりません。

大学は、不景気のあおりを食った親の金が足りなく奨学金で。
もちろん馬鹿なんで国立なんていけるわけが無く、私立でも学費安いが条件。
就職は、超氷河期(当時、有効求人倍率0.5くらい)で面接は過酷。
とは言いつつも、3月に始めて4月に中小企業に決まったので。
そのくらい「働きたい企業」に行けるなんて夢物語で就活継続の意味無しだったのです。
とりあえず働いて奨学金返さないとねって思いもありましたしね。

働いてみれば、バブル世代のアッパラパーと団塊世代の不良債権化人材の山。
親父が言ってました、不景気なときこそ中小零細にはイイ人材が来る!
そりゃそーでしょよ、相対的には。でも行ってみた「相対的イイ人材」にとっちゃ…。
中小企業なので、不景気から未だ抜け出せず給料も上がらずボーナスも低い。
ただ、ここでいろいろ自由に経験できたので力はつきました。人並みに。感謝。

んでもって景気拡大で採用に賑わう転職市場で金融機関に転職すれば、
すぐに世界的不況突入。ぉぃぉぃ、また不景気かよ。
デフレの匂いもしてきました。いつぞやのデジャヴでしょうか。
ただ、この有事で金融の知識はよりつきそうです。

なぜ金融に行ったのか。金融を知りたかったら。
人間が作り出したカネと資本主義を、経済・経営を知りたかったから。
それを知れば、少しは変化・変革の微力になると思ったから。

ロストジェネレーションの密かな思いです。
かなりツイていたほうのロスジェネですが。

全世界の善良な人々にハッピーなクリスマスとお正月が訪れますように。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。