--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/08

台湾銀行ウォッチング&お得な円定期

R0011468.jpg

恒例の海外金融機関ウォッチング。
ATMはヨーロッパライクなコンパクトな壁に埋め込み式とジャパンライクなブース内設置ATMが半々くらい。ATMのモニタには広告が流れているのもあり、有効活用してそうです。それにしても、いろんな銀行がひしめき、オーバーバンキングの様相を呈していましたね。ここらへんの構造は、やっぱりどこぞの国と似ていますね…。

R0011470.jpg

ある程度貯まってきた虎の子の貯金を定期預金にしようと調べてみました。
例えば、300万円を1年で金利1%の定期に入れると利息は(300万×0.01)×0.8で2万4千円です。(利息は2割税金で持ってかれるので、0.8をかけてます)これをお得と見るか、ちっぽけと見るか。私は、不労所得が年間で2万4千円は大きいと思います。何より、預金したお金は他のお金を必要としている人や企業に融資されて活用されるのです。市場経済において、お金は滞留させてはいけません。目先の低利率や銀行への嫌悪感だけで、タンス貯金は愚の骨頂。国債で国にカネ貸すか、株やって日本企業に投資するのもお金を滞留させない手です。

【新生銀行(実りの円定期)】
 http://www.shinseibank.com/campaign/0808yen/index.html

【あおぞら銀行(あおぞらダイレクト定期)】
 http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/yen/direct/index.html

【日本振興銀行(個人向け定期)】
 http://www.shinkobank.co.jp/deposit/consumer.html

これらは1年で1%を超えるクラスです。ネット銀行より、よいです。
万一、怪しい銀行で潰れたとしても、1000万までの預金なら預金保険機構が利息も含めて全額保障してくれますし、そもそも定期預金は元本保証。フツーの庶民ならではのリスクテイクだと思います。ここで土台を固めて、少し余裕が出たならFXなり株なりにチャレンジしてみればいいのです。ちなみに、外貨預金や日本法人を持たない外国銀行の預金は保護されませんのでご注意を。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。