--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/27

カノジョが惚れ直す男子パスタ

彼女や嫁さんに作ってハズレがないのがパスタ。
なんと、友人のデクチン(ニックネームの由来は木偶の坊)が親しい女の子にお料理を振る舞いたいとおっしゃる。なんと良い事でしょうか。料理は、レシピ探しに、材料選びに、彩りに、盛り付けに、お酒に、全ての感覚を使っておもてなしすることです。料理をほとんどしない男子を前提にお勧めレシピをどうぞ。

お勧めレシピ第一弾は、韓国風明太子パスタ。
これ、パスタを氷水でシメルという離れ業だけど美味しいっす。
 http://www.fukuya.com/fff/recipe/recipe_m0007.html

ポイントを補足すると、、、
1.明太子は安い350円くらいの二つで十分
2.ちゃんと薄皮の中から明太子をしごいて、薄皮はみじん切り
3.青ネギとゴマは多めで食感を大切に
4.散らすのはカイワレ大根でなく、水菜だと彩りも味も爽やかに
5.温泉玉子は、最初から乗せるとズレ落ちて無様なので、別皿で用意
6.お皿はホワイトの四角いヤツで。安くてもイイから。

1R0011265.jpg


お勧めレシピ第二段は、キノコのクリームパスタ。
やっぱクリームパスタは見た目がいいですよね。
 http://cookpad.com/recipe/278840

ポイントは、、、
1.玉ねぎとニンニクはこんがりゆっくりローストで
2.ワインがなくても料理酒を振り掛けるのは必須
3.コンソメで味付けを調整
4.パスタは堅めでOK!最後のあえるところで調整可能。
5.パスタゆで汁をカップ一杯確保して最後の水分調整に
6.お皿はホワイトの四角いヤツで。安くてもイイから。

1R0010714.jpg

共通して言えるのは、パスタはたっぷりのお湯とたっぷりの塩でゆでること。
使うんであれば、オリーブオイルもたっぷりと。
お皿は、安くても白い四角いお皿など洒落っ気をもたせること。
安くても、赤ワインを自分で選んでみること。これがすごい楽しい。
前菜は、買ってきたものでもお皿にキレイにもりつけること。
これで、ハッピーな食卓ですよ。絶対。

ペペロンチーノ系統は、ニンニクとオリーブオイル、ゆで加減と塩加減、一番難しいらしいので。たしかに、パサついたり、パスタがうまくいかなかったりという失敗が多いです。具が豪華だと美味しく見えますが、本質の部分が試される基本パスタです。

R0011678.jpg

使い古されたコトバだけど、料理は愛情です。あとは自分がいかに楽しむか。
素敵なお店探しに頑張りすぎちゃって肩透かしになる可能性はありますが、頑張って料理して特別感出しておもてなしして肩透かしってなる人はいないと思います。もし、そんなコいたら人としての付き合いが続かないわけで。別れちゃえばいいんですし。

彼女の作った料理、嫁さんの作った料理、お母ちゃんの作った料理、無条件でウマイですもんね。だから、酒が止められないんすよ。美味しい料理にはお酒が欲しくなる。あ、話がズレた。

365日スパゲティが食べたい
西巻 真
文化出版局
売り上げランキング: 4743
おすすめ度の平均: 4.5
5 とても実用的
5 ソースごとのレシピ分類がすばらしい
5 10年愛用
5 眺めてるだけでも楽しい♪
5 買って良かった

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。