--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/30

スーパーベルサッサでルーブル美術展

R0010921.jpg

スーパーベルサッサ(終業ベルがなったらさっさと帰る)、別名:ナリドン(終業ベルが鳴り次第ヨーイドンで帰る)で国立西洋美術館で開催されているルーブル美術展に行ってきました。土日は混んでるので、金曜の夜に。数年前までサービス残業当たり前、とりあえず職場に遅くまでいるのが当たり前のフルーイ会社で育った人は驚きの帰りっぷりだったと思います。ワークライフバランスですよ。むしろ、ライフワークバランスね。ライフが先ね。

油彩を初めてジックリ見ましたが、すごい繊細で、濃淡が美しくて、何よりも光の表現が美しいのです。光を切り取る写真が好きな私に油彩による光の表現は衝撃でした。写実的な絵画も宗教的な絵画もあり、バラエティー豊かで飽きないチョイス。

17世紀のヨーロッパ王宮の権威を誇示するための絵画。そんな歴史的意味合いも勉強でき、大変有意義な週末。月に1回は、写真展や美術展や観劇やライブや、文化的なものに触れたいですね。
またヨーロッパ行きたいなぁ。アムステルダムとか。

【ルーブル美術館展 17世紀のヨーロッパ絵画】
 http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/current.html#mainClm

コメント

非公開コメント

>めめこ嬢

ピンポンダッシュはイタズラだろっ(笑)

ルーブルってメジャーな部類だから、
性格的にあんまりそそらなかったけど、
観てみればやっぱり美しいですねぇ。

今回のはバラエティに富んでいて見ごたえありますよ。
たぶん、職場から近いだろうしお勧めします。
ただ、金曜以外の平日は17:30までなのでご注意を!

ルーブル美術館展て、何年かに1回何処かしらの美術館でやってるから、何回か行ったことあるのですが、展示、いい感じなんですね。わたしも、ピンポンダッシュで行って来よかな。(←それちがう。キンコンダッシュか?!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。