--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/21

確定申告超らくらくマニュアル-サラッと読もう

確定申告超らくらくマニュアル
ゼイキン対策委員会
情報センター出版局
売り上げランキング: 504290


所得には所得税がかかります。
サラリーマンは、お役所が年貢米のごとく毎月多めに差っぴいて(実際に差っぴいてるのは会社の給与システムで、会社がお役所に献上している)います。租税ってやつです。で、最終的に年収と控除された金額が年末に確定して、最終調整するのが年末調整。だから、だいたいお金が戻ってくるんです。まったく、役人は昔から頭ヨイぜ。

収入から「必要経費と所得控除」をマイナスしたものが課税される金額(所得)となります。
フリーランサーやフリーター、個人事業主みたいな人は、2月頃の確定申告で「えーっと、1年間の収入がこれだけでして、かかった経費がこんだけありまして、あとは扶養控除や生命保険の控除額がこんだけあるので、最終的に課税される所得額はこんだけっす。」としなければならないのです。

つまり、必要経費と控除額が多ければ多いほど、最終的な課税される額が少なくなるというわけです。そーするーと、役人に献上する税金(所得税)が少なくなってくるわけです。この国は。
(厳密には、課税される所得=課税所得金額に相応の税率を掛けて、その金額に相応に控除される額があって、それを控除した後が最終的な額が所得税)

つーわけで、フリーランサーやうちの相方のように数箇所で働いている臨床心理士は、必要経費をガンガン計上して、様々な控除を漏れを無く調べ上げて、節税するわけです。税金という支出が減れば、収入が増えたということとなりますので。

ちなみに、この本は、フリーランサーやフリーター向けかな。あんまり情報は整理されていなく、これもこれも控除できるよって感じの内容なので、サラッと読むにはいいかもしれません。

今日、相方は研修。交通費も必要経費となります。
んで、仕事用にNetBookPCが必要らしいので、これも経費となります。
スクールカウンセラーで使用する絵本や、学術書も経費となります。

金融知識、人事での社保や給与の知識、確定申告の知識。
やっと少し、リンクしてきましたねー。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。