--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/26

突き抜ける空だ!青森は。大沼公園のカヌーは霧の中。

先日の3連休、青森に法事に行ってきました。旅人の郷愁を誘う、青森。
駅前は再開発で無味乾燥な風景となってしまいましたが、どっこい駅舎だけはかつての青森。新幹線の開通でも、新青森に新幹線駅が新設されるので、経費はかけられないのでしょう。新幹線が通ったら、「寝台特急あけぼの」も、「特急はつかり」の名残も、駅前のりんご露天も、みんなみんな無くなっちゃうんだうな。

筋金入りの江戸っ子のばあちゃん(7人兄弟の一番上)の疎開先が、青森で、兄弟がそのまま住み着いた地。親父と私が大変世話になった無頼漢なオッサン(ばあちゃんの下の二番目の弟、つまり長男)の七回忌。

グルメレポートと鉄旅レポートは追ってアップするとして。

それにしても、空が高いし澄んでいます。大荒れの雨でしたが、墓参りのときだけ快晴へ。こーゆーことってあるんですね。雨男の私には、うらやましい限りの晴れパワー。さすが。

R0012085.jpg

実は法事の前の日は、函館の大沼公園まで足を伸ばして霧の中をカヌー。
岸が見えないので、本当に神秘的。水面から湯気が上がってるし。
相変わらず息の合わないコンビで蛇行運転しつつ自然を大満喫。
ジャングルクルーズばりの、危険航行でヘトヘトでした。蜘蛛の巣まみれ。

大沼カヌー

大沼公園カヌー

さて、洗濯も、水遣りも終わったので、野菜スープでも作ろうかな。
嫁さんもモゾモゾ起きてきたことだし。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。