--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/02

風に向かいながらぁ、革の靴を履いてぇ♪

R0013004.jpg


さて、連休2日目。今日は、祖母ちゃんが家に遊びにきます。
スーパーのお寿司とチーズとチキンナゲットで大喜びの祖母ちゃん。


いまの会社のずっといるシナリオは消えましたわ。
今すぐどうのこうのって予定では無いけど。
ハラスメントが明らかに多過ぎる。そして被害者をゴミのように扱う。
嫁さんや、旦那さんが一緒に文句に乗り込んできたこと多数。

結局、悪しき縦社会。
見て見ぬふりして、被害者が会社を去れば、敢えて加害者(だいたいが会社に残る上役)の事実を証言する必要もなくなる。加害者、目撃者、苦情窓口担当部門、誰もが、きゅうきゅうと保身する。結局、被害者は更なる被害をこうむる。組織としてある程度仕方の無いことだと思うし、実際、私が、そんなクリティカルなハラスメントに合うようなキャラでは無いけど、やっぱ一緒の会社で仕事はしたくないなー、そんな連中とは。


人間は弱いです。それはしょうがない。

その弱さが、攻撃性につながり、他人を守れない理由になる事実も理解する(もちろん了承はしないけど)。が、そんな弱いままの人間ばかりがいる組織にいたって何の得も無い。恋人やパートナーや子どもや友人がいたとしよう。好きな人や信頼する人が、そんな腐ったところで働いていても、何にも嬉しくないじゃない。


なんに関しても、良いこと悪いこと半分半分な世の中。
明らかに悪いことが大きいのであれば、行動しないと。

働くことは好き。いろんな環境がある。いろんな人間もいる。
今の環境で金融勉強させてもらってるし、いろんな経験をさせてもらってる。非常に感謝している部分もある。それはあくまで仕事の話であって、根本的に人として腐ってる連中が多いのはイヤ。人事部門にいると、特にそーゆー情報やら事象を多く見てしまう。

どこもそんなもんだよっ、次の環境だって同じかもよって声は聞こえるが、そしたらその時に「どこもそーゆーもんかー」って諦めればいい話。


生え抜きたたき上げの役員兼任部長が言ってた。
「金融機関は多かれ少なかれ隠蔽文化なんだ」って。

そこまで分かってて、それでも何もしないほど俺は達観していないっす。


お、一人旅効果で冷静に物事を考えられるようになってきたぞ。
とりあえず、視野の広さは少し取り戻したかな。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。