--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/01

楽興の時第3番ヘ短調(シューベルト)



このピアノの音楽は日曜8時05分からオープニングソング。
AMラジオのNHK第1放送で流れる「音楽の泉」というクラシック音楽の番組。

AMラジオの独特の雰囲気から流れるクラシックは穏やかな休日の朝を演出。
1949年から半世紀以上もクラシックを流しているらしい。
静かな休日をクラシックで、なんて高度経済成長前の戦後は粋だな。
一昔前は、FMラジオにも、そんな老舗番組があったもんだけど。

小さい頃から、このオープニングを聴くと落ち着きます。
それと同時にワクワクします。日曜だーって。

テレビやインターネット、新聞、雑誌、書籍、様々なメディアが存在するけど、ラジオは比較的親和性の高いバランスの取れたメディアだと思う。ハガキやFAXでのリスナー参加も、双方向メディアの原型。コーディネーターのパーソナリティーはバランスの良い編集者。テレビという一方的マスメディアは、世界大戦が二度起こって、その後高度経済成長を経験した西側先進国のマスメディア。インターネットが普及して、テレビは、もはや下衆の娯楽の一つに成り下がった過去のメディアだけど、ところがどっこい、ラジオはまだまだメディアとしての体をなしている。


"マス"に走ったメディアや媒体は、スポンサーを必要とし、曖昧な庶民の最大公約数的嗜好を追い求め、メディアとしての体を失った。これからは、様々なメディアが並存し、市民がちゃんと選択し使い分けるようになり、全てがインターネットに駆逐されないようにして欲しいな、と思います。


ラジオを聴きながら、ニッチな特集な雑誌をパラパラ読む。
気になった記事に出てきたコトバをネットで調べてみる。
それについてネットで発信してみる。
また、雑誌をパラパラ。流れてくる音楽を口ずさみながら。
なーんていう、雨降る休日が私は好きだなぁ。

コメント

非公開コメント

>オバチャン

クラシックはいいね。

様々な型破りな作曲家が既存の常識を壊して新しい楽曲を作ってきたからこその、この奥深さと歴史。
売れりゃいイイ。一部に分かってもらえればイイ。
なんていうのも超越した自己満足に徹した音楽家。

週末終わるね…。
あ、ちなみに俺は鉄ヲタw

私もこの曲好き。

ちなみに、、、「現代の音楽」(NHKFM)のイントロの不安定な感じの音楽を聴くと週末が終わる、、、と実感します。
クラシックヲタです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。