--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/13

脳に悪い7つの習慣(幻冬舎新書)「軽い自己啓発書」

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
林 成之
幻冬舎
売り上げランキング: 472
おすすめ度の平均: 4.0
4 非常に読みやすい本
3 ふ~ん!そうですか。
5 脳の性質をもとに、具体的な行動指針を示している実用書
5 正しい脳の使い方とは・・・感動しました。
4 前向きに考える


多読訓練のためにブックオフで新書を大量購入。
この程度なら小一時間で余裕だな。

「7つの習慣」に便乗したライトな自己啓発書です。
脳科学本ではありません。救急医療センター長が本業でしたので。

脳神経細胞の本能は3つと述べています。
「生きたい」、「知りたい」、「仲間になりたい」ということ。
ですが、その根拠が述べられていないのは物足りない限り。
池谷裕二氏の著書を何冊も読んでいただけに、尚更そう思います。
私は、その根拠が知りたいな、と思う人なので。

・否定語を使わない
・ほめよう
・いっぱい楽しく話してユーモアを大切に
・だいたい出来たと思わないようにしよう

などなどが述べられています。
根性論、精神論より、明るく楽しく合理的に。
そのほうが脳にも心にも人間関係にもいいはずですよね。

災害や戦争など、人間社会に生きていると非人道的なことに直面する機会が無いとは言えません。普通で平和なときにしかめっ面してたり、怒ってたり、カリカリしてるなんて本当にバカバカしいと思うんだよな。

ときおり出てくる「ダイナミック・センターコア」という脳機能(?)。
イマイチ理解できませんでした。なんじゃろ。
エヴァンゲリオンの「セントラルドグマ」を連想しただけ。。。

あとがきに「違いを認めて、共に生きる」大切さを述べています。
私もまったく同感。
昭和的価値観な人や組織が致命的なのは、これが足りないから。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。