--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/24

新しいお仕事がお口を開けて待っていました

IMG_2712.jpg

人事給与システムのリプレースの次のお仕事は、
予想通り、渉外(営業)支援システムのリプレースでした。

「ベンダーは日本語通じるんだけどシステム部門と通じなくて困る」

という業務部門の不満はさんざんぱっら聞かされていました。
スケジュールの資料を見てみたら、こりゃまた破たんしかけじゃないですか。
そして、自らが設計したという雰囲気はまったくない。。。

でたー、サラリーマンの悲劇ー。若造、死地に飛ばされる(泣)…。


とりあえず、私のポジショニングとしては以下のことをしないと。

・営業さんの1日のお仕事(営業店事務との関わりも含め)の理解
・現行システムの理解
・ベンダーさんとのコミュニケーション
・業務部門とのコミュニケーション

システム的な担当者だけでうまくいってれば、私が投入されることもないです。
今後のスケジュール遅延を見越したコミュニケーション重視は必須。

また気苦労の対価で給料をもらう日々が続くのか。
システムスキルの対価で給料をもらう日はいつ来るのか。

業務部門に叱責され、営業店から罵声を浴びせられ、
システム部門のお偉方には説教され、容易に想像できる冬の日々。


だけど、汎用機(レガシー基幹システム)をガシガシいじくる仕事でなくてよかったー。
あとは、主任になれたことも素直に喜ぶようにしようかな。

ちなみに風邪ひいた。ちょっと弱気。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。