--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/05

おい、育児しやすい環境を作る計画教えろよな(by厚労省)

Pen (ペン) 2011年 5/1号 [雑誌]

阪急コミュニケーションズ (2011-04-15)



なんか久しぶりに1日娘っこ(←10か月)と一緒。
私の視野が広がる広がる。気づきがイッパイ。
異動前の定時上がりが多かった頃を思い出すなぁ。


ここ最近のカイシャさんは、
次世代育成対策推進法に係る「行動計画」なんちゅーのを策定するのが流行りです。
というか、法律でやらないといけないんですよね。

どんなものかというと、

「育児しやすい職場環境を作る計画を役所に届けてね。義務だから」

っていう法律です。

「届けた内容が達成できたら くるみんマーク くれてやるからさ」

っていう胡散臭いご褒美つき。

「そうそう、中小企業にも義務化が広がったからね。注意してね」
 (従業員が101人から300人までの企業にも拡大された)

っていうことで、大企業から中小企業まで行動計画を公表しています。


ちなみに行動計画はモデルプランが役所から公表されていて、
どの会社も、そのモデルプランをコピーしたもの。
その時点で、その会社の姿勢を疑っちゃいますよね。

「くるみんマーク」の有無で判断しないで、
役所公表モデル(つまりどの会社も同じようなプラン)にプラスαがあるか、
プラス独自性があるかで、そのカイシャさんを判断しましょう。

弊社なんて、
たった2日の男性育児休暇取得で「くるみんマーク」ゲットできちゃうんだもん。
そう、役所モデルプランの中に「男性1人以上の育休取得を目指す」って項目があるの。

詐欺に加担したのを非常に後悔しているので、
(だって、男性が誰も育休取得に続かないんだもん)
第二子を幸運にも授かったら絶対に長期間の育休取るぞ。

第二子のときに「育児のため」って今の会社を辞めるか、
それとも今から育児に理解のある会社に移るか、どーっすっぺかー。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。