--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/08

老いゆく店を味わう余裕を(きちでん 曳舟 ラーメン)

IMGP9963.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited タンメン

曳舟、東向島までお散歩。高校時代が懐かしい。
隅田川の花火大会では、いっつもここらへんの水戸街道で見たもんだ。
娘っこが登場してから、花火大会は行けなくなったけど。

お昼に立ち寄った昔ながらのラーメン屋。
娘っこ連れてると、こーゆーお店もホッとする。

味?そりゃ、美味しくないですよ。


IMGP9960.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited とんこくネギラーメン

下町なのでスープは塩っ辛い。
トッピングの野菜炒めやネギも塩っ辛い。
麺は柔くてベッチョリ。
おまけにコストパフォーマンスは悪い。

パーフェクトでしょ?

でもね、だからと言ってショックを受けたりする歳じゃないんですよ。
もう三十路を過ぎた妻子持ち。
人生経験っていうものが徐々に増えつつあるんですよね。

小さいころ、母ちゃんや親父が「マズイなっ!」って、
"味"にフォーカスしてお店にイライラしてたことがあるでしょうか?
(店員の態度や不手際、冷たいとかの明らかな失敗とかは除く)


IMGP9958.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

不思議なもんで、娘っこをあやしながら、相方と一緒に、

「懐かしい味だね~、このしょっぱさ」

「親と行った地元のラーメン屋を思い出すね~」

って楽しめちゃうわけですよ。

味、ロケーションばかりじゃ無いんだよねって気づき始めた三十路過ぎ。
費用対効果はちょっと考えるけど。

ま、老夫婦で力合わせて長年お店やっているんですよ。
ホッとするじゃないですか。よちよち歩きの我ら父母にとって。


IMGP9956.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

たぶん、味は良くならないし、目新しいメニューも出ないでしょう。
もうお店が流行ることはないのかもしれない。
お店を切り盛りする老夫婦の気持ちが穏やかならそれでよし。

老いゆくお店を味わう余裕っちゅーものだと思いますよ。
情報過多で新陳代謝が激しい東京では、こーゆー楽しみもあるんです。


きちでん・ラーメンショップ ラーメン / 曳舟駅京成曳舟駅東向島駅

昼総合点☆☆☆☆ 1.5



大きな地図で見る

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。