--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/14

増税の前に読むべし!「すべての日本人のための 日本一やさしくて使える税金の本 (ディスカヴァー携書)」

すべての日本人のための 日本一やさしくて使える税金の本 (ディスカヴァー携書)
久保 憂希也
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 19073


まず言っておく。この本おススメ。
人事給与計算システムを担当していた私が太鼓判を押します。
とっつきにくい制度や仕組みを分かりやすく表現している。
そして哲学を感じる。


サラリーマンって、社会保障の計算や、税金の計算などに疎いですよね。
かくいう私もそうでした。それは社会保険料と所得税を源泉徴収しているから。
特に「年末調整」を会社がやってくれる国は日本だけです。(←この本で知った)
源泉徴収が戦費調達のためにドイツが導入した制度っていうのは有名です。

ちなみに「年末調整(還付)少なくない?計算合ってる?」って言う人がいますが、
これは月給にブレが無かった証明です。安定企業にいるって証拠です。
(あとは、給与計算処理にミスが少ないってこともありますね)


いきなり人事部門に異動して人事給与システムをやれよって言われてから、
社保計算・届出・給与計算・税金などを必死に勉強しました。
担当の人たちに毎日毎日聞きました。これがね、面白いんですよ。

良い悪いは別として社保制度も税制も「すじが通っている」のです。
よく出来た情報システムと一緒で、合理的。機能美ならぬ制度美です。
すべてにおいてちゃんとしたロジカルな理由があるのです。


今後、この国は未曾有の大震災を契機に税制が大幅に変わっていくでしょう。

「復興のための財源確保」
「制度疲労を起こしている社会システムの変革」

制度がドラスティックに変わる時期に、議論に参加できないなんてツマンナイ。
そのためには、まずは現行税制を勉強しておくのが早道。
現行の制度と、その経緯。それを知らずして良い将来はデザインできません。


気になった項目は以下に。

【法人税】
 えっ、中小企業の7割、大企業の5割が法人税を払ってないって!?

【消費税】
 おいおい、俺の払った消費税って国に納められてないのか!
 消費税の増税が非正規雇用を増やすんだって?
 スランス3大革命の一つが付加価値税っていうけど、日本の消費税とどう違うの?

【相続税】
 良識ある本当のお金持ちは、相続税に賛成なんだってさ。

【所得税】
 サラリーマンって、こんなに必要経費が認められていたのね~。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。