--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/18

レモン風味チキンソテー

IMGP0099.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

いっつもはお魚のソテーが多いのですが、今日はチキン。
塩コショウとレモン汁(ポッカ100レモン)で下味をつけました。
鶏肉臭さが抜けて、サッパリ美味しい。
ソースはほうれん草のサラダと共通のオニオンソース。
このオニオンソースが成功。

【チキンのレモンソテー】

 1.もも肉に塩と黒コショウをまぶしてビニール袋に入れる
 2.そのビニール袋にレモン汁をたっぷり入れる(全体にもみこめるくらい)
 3.もも肉を30分ほどねかせる
 4.フライパン(中火)で焼く
 5.余計な油はキッチンペーパーでふき取る
 6.アルミホイルをかぶせて蒸し焼きする
 7.出来上がり


【オニオンソース】
 
 1.玉ねぎ4分の1をすりおろす
 2.すりおろした玉ねぎに醤油(大さじ2)と酢(大さじ2)を混ぜる
 3.辛みを飛ばすため、しばらくねかす
 4.料理にかける直前に、フライパンでひと煮立てする


IMGP0096.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

ほうれん草と水菜のカリカリベーコンサラダは失敗。
ほうれん草と水菜が少し硬くて味が強かった。アクが残った。
素材の個性を分かって料理しないとダメだなと反省。
このような個性の素材はおひたしや火を通した料理に抜群なんだ。

ちゃんと素材の個性を見抜こうという教訓を得ました。
レシピありきでなく、素材ありきで考えた方が良さそう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。