--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/09

本丸陥落…空き巣被害に遭う(原因と対策)

IMG_5488.jpg

空き巣被害の18万円は火災保険の家財付帯で戻ってきそうです。
窃盗被害の現金は20万円まで補償されるらしい。よかった。

さてさて、システム屋の性で原因と対策。

【原因】
 
 1.現金振込用の大金が自宅に保管されていた
 2.キッチン窓の施錠チェックがおろそかになっていた

個別に分析。

給与口座がインターネットバンキング使えないしATM網も貧弱なため、
給与を一度におろして、手数料もったいなさで現金振込をしていた。
よって給与支給日から短期間は大金が自宅に保管されていた。
(これは嫁がATM引出し時のリスクも非常に高い)
 
もうひとつは、施錠チェック。エアコンをかけるようになり、
キッチン窓を開けたり閉めたりすることが多くなった。
外出時じゃない開閉のため施錠せず、バタバタしていた外出時に
「窓が閉まっている」=「施錠されている」と認識してしまった。

【対策】

 1-1.給与口座を利便性の高い口座に変更し資金移動はネット振込へ
      → 次の仕事は給与口座を自由に設定できるのだ!
      → 住宅ローン返済の口座が利便性の高いSMBCなのだ!
      → よっし、給与口座はSMBCに決まり!もしくは新生銀行

 1-2.自宅保管の現金は5万円上限とする(見せ金も兼ねる)
      ただし、冠婚葬祭など臨時で現金が必要なときは分割して隠し場所へ
      臨時でも窃盗での補償上限である20万円とする

 2-1.外出時は補助鍵もふくめて施錠チェック
      窓を閉めるときは常に補助鍵もふくめて施錠することとする

 2-2.侵入防犯対策は別途検討


つーかさ、いまどきインターネットバンキングで月額手数料取る金融機関は
コンシューマー向けの商売しちゃいけないよな。
定期預金と融資だけの旧振興銀行みたいなモデルでやってくれ。

コメント

非公開コメント

>みやびさん

チョー不便だよね。誰が普通口座作るんだろう。。。

IB使えないのはホント不便。
うちも不便で仕方ないって妻からボヤかれてます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。