--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/11

かわいい鉄道の旅ローカル線でグルメ&おみやげさんぽ

かわいい鉄道の旅ローカル線でグルメ&おみやげさんぽ
伊藤美樹
メディアファクトリー
売り上げランキング: 143591



伊藤美樹さんというイラストレーターの絵が好き。

ウェディングのマナーとコツって本を自分の結婚準備で買ったんだけど、
チョイチョイ出てくるイラストの世間知らず女子が当時の嫁にそっくりで。
そのイラストは伊藤美樹さんが描いたものでした。


で、最近、物欲が無いってことを未だに誕生日に何買おうか迷い中。
そんな中、まさか、「旅欲」(←ファミリー的行楽でなく、あくまで旅)や
「鉄欲」までも無くなった生きる屍になっちまったんじゃいかと恐れおののく。

まずは「旅欲」と「鉄欲」を刺激するために借りてみました、この本。
ほのぼのしたイラストで、日本全国の鉄欲を満たす旅の紹介が。

おー、おー、むくむくと鉄欲が起き出してくるじゃないですか。
そして、過去の鉄旅の記憶が蘇ってくるじゃないですか。

15時間かけて鈍行で鳥取までいったこと。
真冬に宗谷本線を鈍行で北上したこと。
冬の湿原SLと流氷トロッコを合わせ技したこと。
行き違い待ちや乗換待ちのホームで吸うたばこがうまいこと。
ホーム上の立ち食いソバやうどんで腹を満たしたこと。
時刻表を眺めるドキドキ、きっぷを買うウキウキ。
最寄りの駅で始発に乗り込むソワソワ。

もう、忘れかけた旅もあるくらい、いっぱい旅したな。


そんな感傷に浸りながら、次はどこ行こうかなーと思わせてくれる本でした。
(ちなみに、嫁と出会う前の旅がほとんどのため、感傷に浸ってると嫁にドツかれる)

候補はこんな感じ
 
 ・まだ乗ったことない近場のローカル線「いすみ鉄道」
 ・やっぱ旅は北国、「津軽鉄道」
 ・こうなったらSLの「大井川鉄道」
 ・東京のローカル線「都電荒川線」

寝台特急「あけぼの」と津軽鉄道との合わせ技が一番贅沢かな。

まぁでも、たぶん、娘っこと相方と一緒にイチゴ狩りがてら「いすみ鉄道」が
現実的なプランかなーって思います。結局、思考はパパ的に。
せっかくなら、家族みんながいいよなーってのが最優先になっちゃいます。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。