--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/25

パパルール。パートナーが妊娠したパパ予備生、読んでみよう。

パパルール―あなたの家族を101倍ハッピーにする本
安藤 哲也 小崎 恭弘
合同出版
売り上げランキング: 189945


当たり前なことを書いてあるのですが、
その当たり前ってあいまいだったりするので確認によいかも。
全部できなくたって、ちょっと参考になればヨシ。
パートナーが妊娠されたパパ予備の男子は読んでみてもいいかも。


それにしても子育てはあっという間。

30歳過ぎで体力もあって、ある程度人生経験積んで、
そんでもって独身や共働きならお金も余裕あって、
親だってまだ元気で、なんていう同世代の自由人たちを横目に見ながら、
日々、時間と子どもと仕事に追われる。

そして子育ては多様化や変化の連続。

パパママ子どもの3人もいれば、
朝、起き抜けの気分もテンションもみんな日々違う。
そんな感じで24時間365日、常に変化。
1人や夫婦のときより、3者関係のほうがはるかに多様で複雑。


そんなこんなで、パパやってます。わたし。
平日は、ママがあげていた朝ごはんを引き継ぎママを仕事に見送る。
娘っこに朝ごはんをあげつつ着替えたりちょっと遊んだりして、
ギャーギャー嫌がる歯磨きをして、保育園に送って、保育士さんと会話する。
真夏なんて、それだけですでにエネルギーの半分以上使っちゃうもの。
もちろん、平日1時間、確実に子育てに関われるのは幸せというもの。

そこから仕事場へ気持ちを切り替えるのが意外と大変。


そんななか、祖母ちゃんの介護や親の病気なども出てきちゃったり。
いやー、生きるって大変だぜー。べいべー。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。