--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/12

阿嘉島のケラマブルーに言葉を失う

IMGP4298.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

これが、ケラマブルー。阿嘉島の北浜(ニシハマ)ビーチ。
沖縄の離島はちょいちょい行ってるけど、一番美しい。
本島に美しい青。空も、海も。天気に恵まれたことに感謝。

島の緑と、サンゴが砕けた砂浜の白さと。

こんな海で泳いだら、勝浦や御宿の海なんて泳げないよ。
(外房も好きですよ。お魚美味しいし。)

これはポジフィルムで撮ったら、とても美しいだろうなぁ。
デジカメだと、ちょっと難しいかも。


IMGP4316.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

そして空の青さ。クリア過ぎて、殺人的な日差し。
9月上旬に、雨にも台風にも遭わなかったのは本当に感謝。

娘っこは初海水浴で浮き輪でプカプカ。
不器用な相方がシュノーケルマスクで呼吸できるわけもなくプカプカ。

私は産まれて初めて、シュノーケリング。
遠泳には自信あるんだけどね。


IMGP4311.jpg
PENTAX K-7/DA35mmF2.8 Macro Limited

海の水も、すごいキレイ。
ホントにそこまで魚たちがきます。

サンゴ礁の上を飛んでるように魚を眺めるのは本当に楽しい。
静かだし、飽きないし。いろんな魚は可愛い。
ちょっと泳いだら相方と娘っこのところへ。
これは最高のバカンスの過ごし方だな、と。

娘っこは「おしゃかな!おしゃかな!」って言いながら、
頭から海に頭突っ込んで溺れてたけど。初、おぼれかけ。

オニヒトデや温暖化や台風の影響で
サンゴ自体は少なくなってきているようだったけど、
それが「これは守らないといけないな」と強く思いました。

娘っこと相方と打ち上げられたサンゴや貝殻で遊んだり、
散歩専門の女の子が写真撮ってるのを眺めたりして、
とても楽しい時間を過ごしました。ケラマブルーに一目ぼれ。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。