--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/17

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙



娘っこがお昼寝している間に衝動的に借りたDVDを観る。
鉄の女、かつての英国宰相マーガレット・サッチャーの映画。

主演している女優さん、ほんと上手だわ。
BGMとか、場面の切替とかも上手。良い映画です。

グッときた言葉は二つ。

認知症が進み始めているサッチャーが医者に言う言葉。

「今は、何を感じているか、がフォーカスされるが、何を考えているかが重要」

みたいなことを言うのがとても印象的。確かにそうだな、と。
マザー・テレサの言葉にもつながりますよね。

 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 - マザー・テレサ

感情で動くとされる女性がいう所が良いんです。
サッチャーもマザー・テレサも女性。でも流されない。
空気や群れの動きでチマチマ生きている女子は可哀そうだな。


あと、「自分の子どもには私より少し幸せになって欲しい」のような回顧シーンが。

親となって、その言葉、とても染みます。

そうなんですよ。少しでいい。
少しを飛び越して、かなり幸せになって欲しいと思うから弊害が生じる。
カネとか、モノとか、ね。

少しでいいんです。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。