--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/24

ハーブソルトの鶏ももパリパリ焼きが美味しすぎる!

IMG_4550.jpg


チキンのパリパリ焼きが超おススメの理由

・絶対失敗しない。焦げ付かない!
・味付けが簡単で分量を間違える心配がない!
・お肉がプリッと柔らかでジューシーに出来る!
・冷めても脂っぽく無くて美味しい!

このレシピは保存版です。マジで。

【材料(2人分でお腹いっぱい)】
 ・鶏モモ肉:2枚(2枚で500グラムあれば満腹間違いなし)
 ・ハーブソルト:小さじ2杯(化学調味料無添加がおススメ)
 ・付け合せのお好きなお野菜

 1.キッチンペーパーで鶏モモ肉の水分をしっかり取る
  (包丁の先で何箇所か皮の部分からプスプス刺しておく)

 2.ハーブソルトを両面にふりかけて30分くらいおく

 3.フライパンに油をひく

 4.鶏モモ肉を皮が下にしてゆっくりおく

 5.弱火で20分焼く
   (皮が下のまま、余分な油はキッチンペーパーで吸い取る)
 
 6.8~9割焼けたら鶏モモ肉を裏っかえす

 7.数分焼いて、火を止めて数分待つ


これだけで、超絶に美味しいチキンの出来上がり。
焦げない、柔らかい、冷めても美味しい。
お肉にストレスをかけない焼き方が良いらしい。
脂分も吸い取るので、冷めてもギトギトしない。

赤ワインとどうぞ。もちろんビールとご飯にもあいます。


IMG_4572.jpg

使用したハーブソルトがダイソーで売っていたもの。
これが、すごい。シンプルだけど、素材のうまみを引き出す感じ。
とげとげしい塩辛さだけじゃない。
大阪の老舗の会社が作ってるものらしい。


IMG_4573.jpg

たぶん、理由は「食塩」でなく「天日塩」だから。
(食塩は科学的に生成したナトリウムの結晶)
あとは「調味料(アミノ酸等)」というお決まりの化学調味料無添加。

気持ちの問題なんだろうけど、純然たる科学的結晶や、
科学的に生成した調味料(うまみ成分)が無いことが
優しい美味しさにつながっているような気がする。

あくまで、気分的なものだろうけど。


IMG_4563.jpg

翌朝は、目玉焼きにハーブソルト。
醤油もいいけど、ハーブソルトも美味しい。

パスタの味付けにも重宝しそうだし。
いいもの発見したぞ。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。