--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/01

狭間世代ロスジェネ世代のリアルを取材「リアル30's」

リアル30's
リアル30's
posted with amazlet at 13.01.01

毎日新聞社
売り上げランキング: 35,481


不景気の申し子が直面する失われた10年は20年へ絶賛進行中。
旧来的な価値観と、新しく定着しつつある価値観の狭間の世代。
ロストジェネレーションと言われる我ら同世代の実態は。

毎日新聞の連載。30代前半を取材した連載記事。

本連載に対するTwiiterのツイートにページを割いたり、
旧来的価値観の巣窟のような新聞会社に入社して働き続ける記者が取材したり、
ちょっと無理があるっちゅーか、残念な点が多い。
こーゆー価値観の記者が書くと、結局、旧来的な価値への
揺り戻し的な読後感があるんですよ。
結局、大企業で安定がいいじゃねーか?!みたいな。


でも、我ら30代が置かれている様々な情景が俯瞰できます。
ごく一部の富裕層+1億総中流階級+ごく一部の貧民層という構図からの変化。
右肩上がり経済、右肩上がりでモノ作れ売れ、働け働けからの変化。


私も下請け中小企業から、安定と高給の金融機関に転職したり、
でも、子育て時間や家族時間が大切ってことに気づき再度中小企業へ
転職したりして、悩みつつ決断してきています。
仕事と家族(プライベート)以外の第三極の人間関係が必要だなと
感じつつも、どうやって場を探すかよくわかってなかったり悩み中。

ちなみに、第三極の人間関係が構築できるのかなーと思った
隔週で全6回の社外研修でも、保育園の集まりでも、なんか
親しくなりそうな人は見つけられず、結局仕事と家庭の往復だったり。
そんなんだから過去の仕事仲間とは特に接点絡も設けないし。

ちょっと話がズレた。

この本にもあるけど、やっぱり非正規雇用が激増しているのは事実。
雇用形態の変化はあるものとして、その中で依然と正規雇用も残ってる。
この双方の溝を埋めて雇用形態を安定させるのが大事だと思う。

うちら世代は、別にカネはそんな必要ないんです。
中古やシェアでもいいし。大衆品で十分。モノ大事にするし。
お金の額は大きく無くてもいい、でも安定的にある程度ないとさ。
今は、とてもそう思う。非正規雇用で年収200万の相方が身近にいると。
相方が男でこの歳で独身で、これだととても悩むんじゃなかろうか。

不安定な貧困は絶対に悪です。
あとは他人と比較してしまう思考も悪かと思う。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。